​舌下免疫療法

​舌下免疫療法とは
スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、100年以上も前から行われている治療法です。主には、アレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていますが、近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。
「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。


 
​対象者
kafunsho_14.png
kafunsho_02.png
​当院にて血液検査でスギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎の確定診断を受けた方
​(12歳以上とさせて頂いてます)
​治療方法
1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。
初回は院内にて服用後、30分間待機して頂きます。2日目からは自宅で服用します。
fukuyou_07.png
fukuyou_06.png
​*3年以上の継続服薬が推奨されています。少なくとも1カ月に1度の受診が望まれます。
​期待できる効果
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善

  • 涙目、目のかゆみの改善

  • アレルギー治療薬の減薬

  • QOL(生活の質)の向上​                

sonota_08.png
​主な副作用
  • 口の中の浮腫、腫れ、かゆみ、不快感、異常感

  • 唇の腫れ

  • 喉(のど)の刺激感、不快感

  • 耳のかゆみ​                

​重大な副作用
  • ​アナフィラキシー

  • ショック             

chuijiko_07.png
​*ご希望の方は医師にご相談ください。
​ スギ花粉が飛散している時期は治療を開始することは出来ません。(6~12月頃からの開始が望ましいです。)